このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 記事閲覧
本支店会計/未達事項仕訳
日時: 2011/10/23 12:37:25
名前: なっつ 

本支店会計の未達事項の仕訳

問)本店で受け取った支店振出の約束手形10,000円

答)支店側 

 (支払手形)10000円 (本店)10000円

なぜ支払手形が借り方に出てくるのかわかりません。
メンテ

Page: 1 |

2度目 ( No.1 )
日時: 2011/10/23 12:50:57
名前: なっつ 


回答よろしくお願いします
メンテ
何度もすみません! ( No.2 )
日時: 2011/10/23 13:59:29
名前: なっつ 

もしかしてこの文章には、
「〜約束手形10000円を支店に送付したが、支店に未達であった」という文章がぬけているのかもしれないと思いました。
だとしたら例として、
本店は商店Aに10000円売り上げて、商店Aは支店振出の支払手形10000円を本店に渡したし、
本店はそれを支店に渡したということでしょうか。

ここでの本店の仕分けは
(支店)10000 (売上)10000
になるのでしょうか?

何度も失礼しました。
メンテ
Re: 本支店会計/未達事項仕訳 ( No.3 )
日時: 2011/11/03 00:57:47
名前: 管理人 林 

初めまして。
本店が回収した支店が発行した支払手形は、支店に渡すかどうかは別にして仕訳は合ってますね。

手形は裏書き出来るので、支店が発行した手形が回り回って、本店に売上などの対価として回収されるケースは考えられます。問題でもよく見掛けますよね。

この場合は受取手形勘定は使わないで、おっしゃる通り本店側では支店勘定を使います。しかし、問題では支店に未達とありますから、ご指摘された本店の仕訳は既に計上されているはずです。

なので、支店側の仕訳のみ決算整理仕訳として計上すればいいのではないでしょうか。
(支払手形)10,000 (本店)10,000
メンテ

Page: 1 |