タグ「固変分解」が付けられているもの

皆さん、こんにちは(^▽^)/

いよいよ一夜漬けで覚える直接原価計算シリーズの最終回です。
日商簿記2級工業簿記対策ですが意外と内容は濃かったのではないでしょうか。
今回は固変分解をサラッと流して終わりにしたいと思います。前回の宿題の解答は記事の最後に掲載しますね。まずは前回までの記事を読まれていない方は先に読む事をお勧めしますよ。

一夜漬けで覚える直接原価計算の概要
一夜漬けで覚える直接原価計算【CVP分析編】
一夜漬けで覚える直接原価計算【全部原価計算との違い】
一夜漬けで覚える直接原価計算【固定費調整】

直接原価計算は短期利益計画に役立てる資料を提供したり、経営分析を行う上で製造原価を変動費と固定費に分けることが何より重要だったと思うのですが、これがまた実際にやるとなると至難の業なのだ。

-確かに手間は掛かりそうですけどそこまで大変なのですか?

うん、色々な原価要素が製造原価には含まれているけど、綺麗に変動費と固定費に区分出来る物は多くはない。むしろ出来ない物の方が多いんだ。ところが工場長の給料も固定給なら当然固定費と思うだろうが、例えば残業した残業代や深夜勤務などをした場合につく深夜手当なんてのが含まれていると純粋な固定費とは言えないと思わないかい?

このように、一つ一つの費目を変動費と固定費に区分する手法は費目別精査法と呼ばれるけど、どうしても区分する人の主観が入るので正確性に欠ける。Aさんは変動費と言ってるけどBさんは固定費と言ってる。最終的に部長が変動費じゃないかと言ったので変動費にするかーみたいなノリで決められた原価計算は説得力があるのだろうかという疑問が生じる。だから直接原価計算の営業利益は会計のルールでは認められない理由の一つになっているんだ。

とはいえ、何らかの形で変動費と固定費に区分しないと将来的な予測も立てられない。その為に色々な方法があるのだけど、日商簿記2級で出題される高低点法(こうていてんほう)という方法を学習しよう。ちなみに製造原価を変動費と固定費に区分することを固変分解(こへんぶんかい)と呼んでるよ。

高低点法は生産量の増減と原価の発生を、1次方程式(y=ax+b)に関連づけて変動費と固定費を区分する手法なんだ。生産量と書いてるけど、営業量や操業度と書いてるテキストもあるのであまり気にしなくていい。試験問題で固変分解が出たときは、原価の増減と関係ある生産量又は同様のデータが提示されているはずだ。下の図でイメージしてみよう。

tyoku77.jpgのサムネイル画像

高低点法は、原価と生産量を表した実績データを元に求めるんだ。
その実績データの中から一番最低の生産量と一番最高の生産量のデータを抜き出して1次方程式の直線を引いて、生産量1個あたりの変動費と固定費を算出する方法なんだ。

もうこれは具体例で確認した方が早いので早速確認してみよう。
それでは続くを押して次ページに進もう。