タグ「行政書士試験」が付けられているもの

皆さん、お久しぶりです(^▽^)/

2017年1月31日に行政書士試験の合格発表がありました。

20170201-1.jpg

合格\(^o^)/

結果はネットで朝9時から行政書士試験研究センターにて公開されるのでドキドキしながら確認しましたよ(笑)

点数は驚きの200点に乗りました(笑)
合格は五分五分だと思っていたので本当に嬉しかったです。合格率は9.95%と思ったより高かった気がします。択一の難易度から考えて、恐らく記述の採点が甘かったのかなと思ってましたが合格通知の得点を見てその予感は当たっていたようです。

記述はかなりの激甘採点だったのではないでしょうか。

予想より10点以上も高かったです。予備校の採点サービスも僕の予想と同じような点数を付けていたので、今回の記述式はかなりサービスしてくれたようですね。本当に運が良かったです。自分は正直、全然力不足と感じてましたし恥ずかしくて大きな事は言えないのですが、行政書士試験の勉強を始めてとても魅力ある職業だと思ったのでいずれは登録して活躍したいなと思っています。なのでプロになった後はより一生懸命勉強して、周りの人達や先輩諸氏の先生方に認めて貰えるよう頑張りたいと思います。

まずは第一関門を突破したのが大きくて、ホッとすると同時に自信もみなぎってきました。
当面は次の目標である国家試験に向かって勉強を頑張ります。次もこれまた難敵なのでかなり苦労しそうですが、このままの勢いで突破といきたいですね。もう完全に会計の世界からは離脱しましたが、これはこれで良かったのではないでしょうか。

参考になるかどうか分かりませんが、記述式の僕の解答も掲載しておきますね。

皆さん、お久しぶりです(^▽^)/

ちょうど桜が咲く頃に何を思ったのか、今年の行政書士試験にチャレンジしてみようと思い先日11月13日(日)に行われた試験を受けて来ました。本当は別の国家試験を目指したかったのですが、思い立った時期が悪くて来年にせざるを得なかったので今年の目標は行政書士に切り替えてひたすら7ヶ月間勉強してきました。

20161113.jpg

目指すと言っても、簿記と違って全く未知の世界で法律の知識はゼロ。特に一般知識は酷く、この時点でロンドン条約とかOECDとか言われても一体何の事か全然分からないおバカレベル・・・(;^ω^)
本当の意味で白紙の状態で目指しました。確かに短期合格する人も居ます。でもその殆どが以前に法律を学んでた経験があるとか、公務員試験を目指してたとか、学生の時に政治経済にやたら強かったとか最低限の何らかの強みを持ってたはずです。自分みたいに全くの白紙のゼロレベルで短期合格を目指そうという人は相当珍しい部類だと思います。そして、こんな苦しい事になると知ってたら多分やめてたかも知れません。

巷では行政書士試験なんて簡単。国家試験とは名ばかりで誰でも取れる。定年後のボケ防止にやるようなもんだとか言われてましたが冗談じゃない!ふざけんな!無理無理。とんでもなく厳しい試験でした。働きながら7ヶ月でどうこう語れるほど全然甘くありません。まず求められる知識の範囲が膨大で深さも相当突っ込んだとこまで問われます。本当に苦しくて、夏以降は限界まで追い込んで勉強しました。その証拠に8月以降は仕事と勉強とポケモン(え?)以外の記憶が全くありませんから。

まあ、この試験について語りたいことは色々あるのですが、とりあえず今年の本試験を実際に受けての雑感を記憶のあるうちに書き残したいと思います。