いよいよ日商簿記検定が明日に迫ってきました。
今回も懲りずに2級のみですが予想してみたいと思います。もちろん今回もガチ1点勝負で行きたいと思います。ちなみに自分は馬券を買うのに押さえはいらん派です。もう長年競馬場に足を運んでいませんけどね(笑)

今回は下記を出題予想します。(*-∀-)ゞ

第1問 ・・・ ガチ仕訳問題

第2問 ・・・ 特殊仕訳帳からの試算表作成

第3問 ・・・ P/L作成問題

第4問 ・・・ 材料費の仕訳と勘定記入

第5問 ・・・ 標準原価計算

次のページで細かく分析と捕捉をしたいと思います。

それではいよいよ最後になりますが、製造間接費の差異分析をみていきましょう。
その前に製造間接費ってどんなものが含まれているか復習していきましょうか。どれくらい列挙出来ますか?そうですね、工場関連の経費である賃借料や保険料、修繕費、通信費、水道光熱費や燃料費、工場などの設備の減価償却費、固定資産税などの租税公課、工場管理者の給料、外注加工賃、特許権償却費、福利厚生費、旅費交通費、材料の棚卸減耗費もそうでした。

このように製造間接費は、直接材料費や直接労務費以外の雑多なものが全て詰まったカオスな勘定科目と言えます。このような科目ですから標準単価や標準消費量を科学的、統計的な側面から分析するにしてもなかなか無理があるのが本当のところです。

それではいよいよ最後になりますので宜しくお願いします。

全国の日商簿記検定を控えて緊張されている皆様こんばんは(*^-^)ニコ
まずは前回の宿題の問題を再掲します。

【問題】下記資料に基づいて標準原価計算を採用した場合の、直接材料費の価格差異と数量差異、直接労務費の賃率差異と作業時間差異、公式法変動予算を使った製造間接費の予算差異、能率差異、操業度差異を求めなさい。

stand5.jpg

もう解けた人もいるかも知れませんが、復習の意味を込めてお付き合い下さい。

前回の材料費会計に続いて今回は第5問対策。ズハリ標準原価計算をみていくよ。
実は標準原価計算が苦手って人は多いんだ。日商簿記2級のテキストだと、標準原価計算や直接原価計算などは最後の方のページに書かれている項目になるんだよね。でも工業簿記って何となくとっつきにくいじゃない?だから最後の方までたどり着かずに試験を受験する人も結構多いんだ。だから最後に書かれているこれらの項目は、知識も記憶もあやふやなままだから出題されたらひどい事になる(笑)

でも最低限の事は知っていないと合格点は取れないので、今回は一夜漬けである程度最低ラインまでは押さえて本番に挑めるように頑張ってみるよ!

日商簿記2級の標準原価計算と言えばシュラッター図なんかイメージすると思うけど、まずは大枠の概要を知って欲しいので枝葉の前に幹から丁寧に解説するよ。

こちらは第134回日商簿記検定2級用工業簿記・原価計算の対策講座になります。
特に第4問で個人的に材料費会計を推しています。ですから今回はこちらを重点的にイメージで覚えていただいて、練習問題で本試験に対応出来るようにしましょう。

材料費って何だ?って言われると実は説明に苦しむのですが、指導者になる訳でもないなら、深く考えずに製品を作る上で主な素材なんやろなー程度で自分に酔いしれるくらいじゃないと工業簿記・原価計算の勉強は続けていけません。工業簿記をマスターするコツはあまり深く考えないこと。工業簿記って暗いイメージあるでしょ?まるで地下ダンジョンを探検しているようなイメージ。なんか奥に怪しい抜け穴があるぞって思っても首突っ込んじゃダメです。特に2級合格を最重要課題としている皆様は、そんなところに首を突っ込まなくても全然合格は出来るので無視することが大切です。

それでは具体的に必要最小限の重要論点のみ学びましょう。

サイトの方でも案内していますが、弊サイトの簿記講座が本になって出版されました。

出版社は簿記・会計の世界では知らない人はいないネットスクール出版さま!こんな夢のようなお話をいただいて恐縮しまくりですが、もう東京に足を向けて眠れなくなってます(笑)この本の詳細はこちらのページFacebookページで取り上げていますので、一度ご訪問いただければ著者として幸いです。

0kara002.jpg

Facebookページでは、各書店の売り場にお伺いして許可をいただいて撮影をした画像をアップして取り上げていますが、なかなか書店を巡るのも面白そうなので、Facebookページでは載せていない画像も含めて簿記の本がどのように売られているのかより詳細なレポートを掲載しようと思っています。

皆様、こんにちは。
明日はいよいよ日商簿記検定ですね。もう緊張でドキドキしているのではないでしょうか。
既にこの記事を読んでいる頃にはやることは全てやり尽くして、人事を尽くして天命を待つ心境ではないでしょうか。あまり大きな事は言えませんが、一応近年の日商簿記検定2級についてそれなりに調べたので本試験予想をしてみたいと思います(笑)

yosou2.jpg

使用したのはこの過去問題集。巷で売ってる分厚い過去問を全部解く必要があるんかと思ってたら、偶然なのかサクッとシリーズに手頃なものを発見。これは最近過去問3回分と以前の過去問から良問をチョイスして作成した4回分が含まれています。まあ、これだけやれれば個人的には十分合格出来るんじゃないかと思います。

あ、ちなみにこれは本屋で直接衝動的に買いました(笑)

ふるさと納税

皆様、こんにちは。寒い季節で体調管理は大丈夫ですか?
日商簿記検定ももう少し。インフルエンザが猛威をふるってますがどれだけ体調管理を行っても病気になる時は病気になります。人生、思い通りに行かない事の方が多いので、例え病気で受験出来なかったとしても自暴自棄になるような事はやめましょうね。

hurusato1.jpg

さて、いよいよ確定申告の季節がやってきました。
今年もふるさと納税をした地方自治体より控除証明が届きましたよ。
「経理マンガはやしくん」でも書きましたけど、ふるさと納税は本当にお得な制度ではないでしょうか。

桃太郎市

momotaro1.jpg

岡山市長、一体どうしちゃったのでしょうか?
ご存じの方も多いと思いますが、つい先日「岡山市が桃太郎市?」みたいな見出しでヤフーにもトップニュースで掲載されましたし、岡山市民もぶったまげたのではないでしょうか。

僕も暇なのかわざわざこのサイトまで見に行きましたが、最初は不正アクセスで乗っ取られたのかと思わせるようなセンスのないデザインで思わずのけぞりましたが、どうも真面目なオフィシャルサイトのようです(笑)

当然、岡山市民もほとんどボロカスの状態で、「恥ずかしい」「岡山市民をやめる」「香川県と広島県をパくっただけだろ」などの厳しい声も聞かれたようです。

しかし、僕は高谷市長を評価してみたい(笑)

合格サポート

日商簿記検定まで1ヶ月を切ってきましたね(^▽^)/
前回が厳しい合格率だったので、今回は恐らく緩めてくれるんじゃないかな~と思っています。申し込みがまだの方は急いで商工会議所等に申し込んで下さいね。申し込みを受け付けてる商工会議所は残り少なくなっているので、事前に確認してからお願いしますよ。

サポート1.jpg